明星大学合氣会ホームページ
Top page/ 合気道ってなんだろう?/ 合気道の実際/ 活動内容/ 出口



「氣」ってなんだ?



 やる氣、病気、本氣、気のせい、気が付くなどなど。気の付く言葉は多いですが、この”氣”って何なんでしょう?また、少しでも武術や格闘技にふれた人ならばこれらの世界では”氣”をとても大事にしていることがお解りでしょう、これらの世界では”氣”を大変重要なモノとして扱いますし、例えそうでなくても「気合い」という言葉が残っている事で解るように”氣”と武術や格闘技といった物が切っても切れないものだということが解ると思います。でも、だからこそ”氣”って何なんだ!?そう思う人は多いでしょう。

 日常で使われる”気”と武術の世界で使われる”氣”、これらは違う何かなのか、まして東洋医学で使われる”気功”の”気”まで考えたとき、それらは全部違うものなんでしょうか?・・・結論から言うと、ぜーんぶ同じものなんだと言えるのです。

 氣という言葉が何でこんなにも多くの分野で使われるようになったか、それは”氣”という言葉がそもそも”何か”を指している言葉ではないというところから発しています。”氣”とは形のない全てのモノを指しています。形のないモノ、すなわち西洋哲学で言う”形而上”のモノを含む目に見えない全てのモノ、これを東洋では”氣”と言っているのです。つまり、筋肉の生み出す力やその瞬発力など科学で解明されている”力”から、重力等の自然の”ちから”、また意識や思考、そして「何かがあるとは思うけど何だか解らない」モノ(勘や直感、運命など精神的、感覚的、また、オカルト的なモノ)まで全てを”氣”という文字、そして言葉で説明しているのです。

 さて、”氣”という言葉、考え方の範囲がとても大きいということがお解りいただけたでしょうか。ちょっと大きすぎるので、今度は武術的な”氣”のあり方を少し考えていきたいと思います。といってもやはりこれも多くを含むので、その中からほんの少しだけ・・・。
 合氣道を練習していると先生や先輩に「氣を入れろ」と言われることがあります、武術の経験のない人でもテレビなどで氣を出している怪しげな中国の気功の先生なでという物を見たことが有るのではないでしょうか。外から見ているとずいぶんと胡散臭いものですが、本当に”氣”のでている感覚が有るのです。例えば手の先に”氣”を集めると、指先から何かが”すー”っとでているような、ピリピリとしびれるようなそんな感覚があります、感覚があるということは体の中で何か変化が起こっていると言うことなのですが、これまではなぜそんな感覚が起こっているのか解りませんでした、しかし最近の運動科学でその感覚が”伸筋”と言われる筋肉群特有の感覚であると言うことが解ってきました。この伸筋を上手に使って体を動かすことが合氣道などの武術にとって理想の一つとなっているようです。事実、伸筋群を少しでも意識して使えるようになると合氣道の技も掛かるようになるし、ふだんの生活でも楽に歩けたり、肩こりが軽くなったりします。そしてこの伸筋主導の動きは普段の生活ではなかなか身に付くものではないようです。
 また、火事場の馬鹿力という言葉をご存じでしょうが、人間は夢中になると普段では考えられないような能力を発揮することがあります、人は無心になる事によって意識に邪魔されないため、無意識が最も理想的な身体のコントロールをしてくれるらしい、そのために普段よりも早く動いたり、大きな力を出したり出来るようです。これも最近、脳生理学の分野などで解明されつつあるようですね。やはり練習の際、先生に”イメージ”を使えというようなことを言われることがあります、これはつまり火事場の馬鹿力を自由に発揮する事に近いのではないかと思います、イメージを使って技を掛けるとどうなるかといえば、”こうしよう、こうしなければ”と思い考えながら技を掛けるときより遙かに上手に掛かるようになるようです。先生のこれらの言葉は”気”を使えるようになるためのヒントだと思いますが、この言葉を少しずつ理解して行く中で、自分の身体の感覚が変わり、合氣道の技も変わってきたと思います。

 などなど、氣についてお話ししてきましたが、もし興味を持たれた方はこの後のページもご覧ください。また、もっと知りたい方は、現在、武術関係の書籍で氣について解説している本が沢山出版されていますので、そちらの方を読んでいただければ確かな理解が進むと思います。

 ところで、私たち明星大学合氣会の名前の中、そして、このホームページで使われている”氣”と言う漢字に氣付いたでしょうか、そう”気”ではなく”氣”と言う字を使っています、これは現在使われている”気”と言う字は構にメ(しめる)と書きますが、”氣”は発するべきで”気”をメてはいけない、と言うことから”氣”を八方に発している米(ね、八方に輝いているでしょ)と言う字を含んだ”氣”と言う字を使っています。これは「気の研究会」と言う合氣道の会の藤平光一先生という方が言っていたことを踏襲しています。



 現在の合氣道は様々な流派に分かれています。有名なところでは「合氣道とは何か」でも触れましたが、合氣道の源流とも言える大東流合氣柔術の「六方会」、合気道界最大の規模を誇る「合気会」、「気の研究会」、「合氣道養心館」、合気道では珍しく試合を開催する「合気道SA」や「日本合氣道協会」など数えたら切りがありません。これらは大きくは大東流系と合気会系に分かれるのですが、実際には考え方、目的、そして技自体も様々です。しかし、合氣道の捉え方や考え方、教え方が様々でも、根底に流れる”合氣"というものは変わりません、合氣道に興味をもたれた方は取り敢えず近くの道場や教室で実際に合気道に触れてみることをお勧めします。

 では、練習ではどんなことをするのか、私たちのサークルを例にとってみます。

 合氣道には当て身、間接技、投げ技などがあります、私たちの合氣道では基本的な技は「十七本」にまとめられていて、例えば当て身は「正面」、「逆面」、「後ろ当て」など、間接技は「小手返し」、「小手捻り」、「腕絡み」など、そして投げ技は「四方投げ」、「隅落とし」などが含まれています、これらの他に「入り身投げ」、「呼吸投げ」や基本の技の様々な応用、また「座技」(正座した状態での護身術、合氣道特有の技)などを学びます、「掛かり稽古」といわれる一対一で実際に技を試す場もあります。これらの練習を個人のレベルにあわせて行います。ただ、”合氣”や”気”は感覚的なものなので、技(形)の練習だけではなかなか身に付くものではないと思います、経験し、考え、練習で実際に試してみる、その繰り返しでちょっとずつ解ってくるもののようです。
 合氣道を練習していると、人間の身体の不思議さ、今までの身体の使い方が如何に偏っていたか、理想的な身体の使い方がどんなものかといった事が見えてきます、思い知らされるといっても良いでしょう。そして合氣道を通して少しずつ理想的な身体の使い方(自然の法則に即した立ち居振る舞い、理にあった動き)を身につけて行く事が出来ます。といってもなかなか思うようには行かないのですが・・・。

 文章だけではとうてい説明することは出来ないのが残念ですが、これらの他にも様々な方法で合氣道の技術、そして合氣を学んで行きます。

Top pageへ/ 合氣道とは何か/ 活動内容



学友会トップページ