明星大学合氣会ホームページ
Top page/ 氣とは何か/ 合氣道/ 合氣とは/ 合気道の実際/ 活動内容/ 出口



合氣とは



 合氣ってなんでしょう、合氣道の最大の特徴はこの”合氣”を使うところにあります。合氣道にふれたことのある人、また興味を持っている人ならば言葉くらいは聞いたことがあると思います。正直に言いますと筆者も良く解らないのですが、知っている範囲で紹介しましょう。

 合氣をかけられるとどうなるか、ある人は「身体が痺れたようになって、自分ではどうしようもなくなる。」と言っています、またある人は「先生に思いっきり殴りかかって行ったら、気が付くと自分が飛ばされていた、どうして飛ばされたか解らない。」と言ってます、そして「合氣を掛けられた途端先生の腕をつかんでいた手が離れなくなって、どうすることも出来ずに投げられた。」と言っている人もいます。なんとも荒唐無稽と思われる話ですが、筆者の経験から言いますとこれは事実だといえます。我々明星大学合氣会がお世話になっている先生は、こちらがどんなに技に掛かるまいとして頑張っても簡単に投げ飛ばすことが出来ます、そして先生の技が掛かるとき、我々には頑張りようが無くなってしまうのです。先生の力(筋力)が我々より強いからとか、そう言ったことではなく何処に力を入れて頑張って良いのか解らない、ただ”スー”っと投げられるしかないのです。先生は「簡単に出来ることだ。」と言っていますが、筆者にはまだまだ出来る段階には至っていません。

 そこで、先生に教わったりして覚えてきたコツと言うか心得を紹介します。

 先ずはなんと言っても、氣を充実させること、そして力まず、相手とふれている部分に力点を発生させないこと、そのためには脱力(これが難しい)すること、そして気持ちではなく思い、つまりイメージで技を掛けること。等だそうです。言葉では簡単な様ですが、(経験者はご存じでしょうが)とても一朝一夕で出来ることではありません。これらのことは恐らく合氣を身につける上での入り口にすぎないと思われます。そして、とても出来ないからこそ合氣道は奥が深く、楽しいものなのですが・・・。

 合気道には当て身や、間接の固め、間接の逆、そして崩しや呼吸投げといった様々な技があります、これらの技はとても良くできているので、しっかり練習を積めばそれだけでも十分強くなれますが、合氣道の面白さはそれだけではありません、むしろ、この合氣と言うものの不思議さ(確かに在るものですが)、そしてそれを学んで行く課程での”感覚”や合氣という世界観に在ると思います。

戻る



学友会トップページ